2006年07月13日

Seesaaへ乗り換え

yhs(http://yhsweb.jp/)で公開中の3ブログ(南参・イシハラ・玖璃子)を今月いっぱいで更新終了とする予定。
南参のは今年に入った段階でもう更新終了してたので、俺と玖璃子のブログが停止。
これらのブログはMT3.2で構築していたのだけど、管理が面倒だったり再インストール&プラグイン適用とかテンプレート改造の手間を考えるとあまり効率的ではない。
要するに俺が管理とかに時間をとられたくないからなんだけど。

というわけでSeesaaにてメンバーブログを開設予定。
そして8月以降、俺と玖璃子のブログはメンバーブログに吸収されます。
メンバーブログURLは8月中にお知らせします。(もう確定してるけどね)

独自ドメインを適用できる「Seesaaブログ」「さくらの独自ドメイン」の組み合わせは便利だ。
独自ドメイン+サブドメインでの運用形態があれば、サーバを移転することになってもDNS情報の更新に伴うメンテナンス期間の告知さえしておけばドメインなどはそのまま移行可能だ。
それはユーザーがブックマークを変更しなくても良い、ということである。
posted by イシハラ at 2006/07/13 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇

2006年03月02日

今後のシステム変更

管理人日記ばかり書いていても本題が進まないので、本題その1 = yhswebのことについて今後の展望をいくつか。

● yhsweb の現状仕様 ●

現在のyhswebはPHPを使用して作成しているが、メニュー部分はmenulist.jsというファイルにして、オンマウスによるメニュー表示を行っている。
各コンテンツ(information,diary,communication)のトップページはそのmenulist.jsをパースして表示する。これによりメニュー管理はmenulist.jsに集約され、メニューの更新はこの1ファイルの修正のみで完結する。

また、このmenulist.jsパース&表示部分についても共通phpファイルにて関数化し、これを各ページのPHPファイルから呼び出すことで処理の集約を行っている。

こうした簡易的な集約は行ったわけだが、その後スタートさせた携帯向けページではJavascriptなぞ使えないので別な集約方法を考えなければならない。


● MySQLとPHPを使った動的サイト設計 ●

そこで、私はMySQLを使ったリレーショナルデータベース(以下RDBMS)によるサイト情報集約を考えている。
RDBMSを使って情報を集約するようにシステムを変更しても、抽出・表示はPHPによって行うことができるので大きな問題は発生しない。むしろ、情報をPCサイト・携帯サイトで共通化することができるというメリットや、情報の登録・削除を私以外のメンバーによって行うことがより容易になるというメリットがある。
こういうメリットを活用したのが現在のブログである。
ブログをそのままyhswebのシステムに使うことも以前検討したが、ブログは日記としての意味合いが強く、時系列による処理が多い。
毎日更新するものであれば時系列のほうが都合がよいかもしれないが、劇団の公演は多くて半年に1度くらいである。よって時系列のシステムだと無駄になる部分が多いと判断し、独自のシステムを開発することにした。

具体的には下記のようなコンテンツ情報をRDBMSに集約するつもりだ。

・メニュー
・次回公演情報
・メンバー情報
・リンク

BBSやチャットはPerlプログラムだが、現在使用しているもので携帯対応可能なのでこれはそのままにする。

また、RDBMSに集約することで新たな情報のリンクを期待できる。
たとえばメンバー情報とそのメンバーが出演した劇団のリンク情報を関連付けるとか、リンクのクリック回数による表示順変更などである(この表示順変更は現在PHP+テキストデータでも行っている)。

できれば今年夏ぐらいまでには試作版を公開し、秋頃にはRDBMS版のyhswebをスタートさせたいと考えている。
posted by イシハラ at 2006/03/02 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇